« 033 薬剤部会議 【やくざいぶ-かいぎ】 | トップページ | 035 尻に目薬 (慣用句) »

2017年9月21日 (木)

034 セントジョーンズワート

 ハーブ業界ではややマニアックかもしれないが、薬剤師業界において一躍有名となったセントジョーンズワート。詳細は釈迦に説法であるが、一部の薬剤の代謝を促進し、血中濃度を低下させるため併用に気を付けましょう、というものだ。

 とはいえ、服薬指導でこれを口にすると、「えっ?」という顔をされることも多い。まだ一般人への普及は進んでおらず、「それ何? ハーブなの?」という程度の認知度なのである。ここで少し、セントジョーンズワートについての予備知識に触れておこう。

 ・オトギリソウ科植物の、開花期に収穫した地上部

 ・自律神経失調症、抑うつ、不安や緊張などに使用される

 ・外科的には急性外傷や挫傷、筋肉痛、火傷に使用される

 ・CYP3A41A2を誘導し、これらの基質となっている薬剤の代謝を促進させる。

 ・効果を得るためには、数週間から数ヶ月の摂取が望ましい

 ・聖ヨハネの草、という意味があるらしい(セント・ジョンが名前の由来?)

 

 それにしても医療業界に出てくる単語というものは覚えにくく長い名前が多いものだ。セントジョーンズワートも然り、スティーブンジョンソン症候群、レストレスレッグス症候群、インフォームド・コンセント、などなど。

 新人薬剤師はこのような難解な単語を必死で覚え、時には間違えながらも習得していく。恥ずかしがらなくてもいい。始めは誰だって「スティーブジョブズ症候群」「レストレッグス症候群」「インフォメーション・コンセプト」などという間違えを乗り越えて覚えていくものだ。プリンペランを「プリンプリン」と間違えていた私の羞恥を思えば、多少の言い間違いなど怖くない。そんなことはどうでもいい。さて話を戻そう。

 今はセントジョーンズワートだ。

 サプリメントで気軽に購入できるため、試しに数週間飲んでみたことがある。正直、それほど効果が実感できなかった。ストレス軽減に良いかと思ったが、どうやら私のストレス負荷はセントジョーンズワート程度で払拭できるほど生易しいものではなかったらしい。

 代謝酵素誘導の程度は「強い」とされる。これは、CYP3A4での代謝の寄与が大きい薬剤であれば、AUC5分の1程度にまで低下する可能性があるレベルだ。グレープフルーツジュースも侮れない。こちらはCYP3A4の阻害だが、やはりCYP3A4での代謝の寄与が大きい薬剤では、AUC5倍以上に増加する可能性がある。

 効果減弱のセントジョーンズワート。効果増強のグレープフルーツジュース。せめてこれくらいは覚えておきたい。ただ、何でもかんでも「他の薬と一緒に飲むのは止めましょう」では能がない。禁止を指導するのは容易だが、無駄に患者の禁止事項を増やす必要はない。これら食品やハーブのポイントを押さえ、「これなら一緒に飲んでも大丈夫ですよ」と安心してもらうことも、一人前の薬剤師の仕事と言える。

« 033 薬剤部会議 【やくざいぶ-かいぎ】 | トップページ | 035 尻に目薬 (慣用句) »

医薬品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 034 セントジョーンズワート:

« 033 薬剤部会議 【やくざいぶ-かいぎ】 | トップページ | 035 尻に目薬 (慣用句) »