« 034 セントジョーンズワート | トップページ | 036 薬学的介入 【やくがくてき-かいにゅう】 »

2017年9月23日 (土)

035 尻に目薬 (慣用句)

見当違いの例え。
敢えて難しいことに挑戦する気概を称えること。


【解釈】
滴下型の下剤や外用水虫薬を、間違えて点眼してしまった医療事故は記憶に新しいが、そのことは同時に新たな脅威を予感させることにもなった。
それが目薬の注腸行為である。
そんなバカな、と思われるかもしれない。しかし考えてみて欲しい。ラキソベロンを点眼した、あるいはラミシール外用液を点眼した、そんな事故を耳にしたときも、「そんなバカな」と感じたのではないだろうか。

人は時としてあり得ないことをしてしまうのである。
いつの日か、サンコバ点眼液を尻から注入したとしても何らおかしくない。サンコバの点眼容器に、【禁注腸】と記載してあるだろうか。添付文書に、【本剤はくれぐれも尻から注入しないこと】と記載されてあるだろうか。
我々薬剤師は、早急に
【これは点眼するものであって、お尻に注さないで下さいね】という服薬指導を盛り込むべきかもしれない。

.
世の流れと言ってしまえば元も子もないが、モンスターと呼ばれる輩が世に蔓延って久しい。そうした人は、自己判断能力が極めて希薄、あるいは一般的な解釈とは大きく外れた判断をする傾向にある。
「お尻から入れちゃいけないなんて、説明されなかった」
「点眼なんて言われても、素人にはわからないわよ」
彼らに常識は通用しない。そして世間もまた、モンスターに屈する風潮がある。言ったもん勝ち、とはこのことだ。彼らの言うことに従うから、次から次へとそういう連中が湧いてくる。
.
今からでも遅くない。心の備えをしておこう。
・尻に注入した目薬は感染リスクがあるため再利用しないこと
・健康被害は考えにくいが、念のため下痢や腹痛がないか経過をみること
を指導しよう。そして、「目に見えない場所に目薬を入れるのは大変だったでしょう、よく頑張りました」と笑顔でその気概を称える余裕を見せたいところだ。

.


人気ブログランキングへ

« 034 セントジョーンズワート | トップページ | 036 薬学的介入 【やくがくてき-かいにゅう】 »

慣用句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 035 尻に目薬 (慣用句):

« 034 セントジョーンズワート | トップページ | 036 薬学的介入 【やくがくてき-かいにゅう】 »