« 035 尻に目薬 (慣用句) | トップページ

2017年9月29日 (金)

036 薬学的介入 【やくがくてき-かいにゅう】

 医療業界における薬剤師の役割とはなんだろうか。これに対する模範的解答はおそらく、<薬の適正使用に貢献すること>だろうと思う。この綺麗な言葉で多くの薬剤師が納得することだろうが、ここでは現実を見据え、もう少し突き詰めて考えてみたい。

 病院薬剤師でいえば、日常業務は大きく二分される。調剤や混合調製、製剤といった中央業務と、服薬指導や処方支援といった病棟業務、の二つである。

 中央業務は古くから定着しており、これを以って薬剤師が施設に貢献していることに異論を挟む余地はない。仮に調剤や製剤を薬剤師がやらなかったら、と考えるとわかりやすい。病院内の薬の回転がストップする、あるいは非常に効率の悪いことになるだろう。

 では、病棟業務はどうだろう。本当に薬剤師が施設に貢献しているだろうか。

 服薬指導を例に考えてみよう。電子カルテから患者の状態を把握し、検査値、使用薬剤、バイタルをチェックしいざ患者の元へ行く。「○○さん、最近調子はどうですか?」そんな台詞から入り込み、患者の訴えを汲み取り、副作用が出ていないかどうか確認する。

「まだ咳が出て痰も絡むんだよ」という訴えに対し、指導記録に<咳、痰+>と記載する。アセスメントでは<まだ症状改善みられず>、プランでは<シムビコート続行>と記載する。私は新人薬剤師にこれを「綺麗なだけの記録」と教えている。

 さて、この「綺麗な記録」が患者に何かプラスになるのだろうか。仮にこの服薬指導を行なわなかったら、患者が困る事態になっただろうか。薬剤管理指導料として3000円だか4000円に相当する貢献になったのだろうか。

 何が言いたいかというと、(少なくとも私が勤務する施設においては)薬学的介入ができている薬剤師は驚くほど少ない、ということである。

 多くはカルテをなぞっているだけ、と言い換えてもいい。服薬指導記録に書いてあるのは、使用薬剤であったり検査値であったり治療方針であったり、カルテに書いてあるものばかり。あるいは患者からの訴えをつらつらと並べているだけ。

 その情報に対してどう考えたのか? どうしたら問題点を解決できるのか?

 そういう視点がごっそり抜けている。

 薬の適正使用とか、薬学的介入というのは、生易しいものではない。考え、悩み、調べ、不安になりつつ何度も患者の元を訪ね、結果的に良い方に転がれば自信に繋がり、好転しなければ再度考え、悩み――

 この繰り返しである。

 薬剤師は頭脳職だと、私は学生や新人によく言う。病棟における薬剤師の武器は、頭と口を使うことだけだからである。これだけでチーム医療に参画するわけだから、考えようによっては薬剤師という職業もなかなか捨てたものではない。

.


人気ブログランキングへ

« 035 尻に目薬 (慣用句) | トップページ

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 036 薬学的介入 【やくがくてき-かいにゅう】:

« 035 尻に目薬 (慣用句) | トップページ