« 028 スキルアップ 【すきる-あっぷ】 | トップページ | 030 胃痛にバファリン (慣用句) »

2016年12月16日 (金)

029 シップ専門薬剤師

パップ剤やテープ剤に特化した知識を持つ薬剤師のこと。
広義では、重い荷物を調剤室に運ぶ薬剤師を指すこともある。


【資格取得条件】
① 男性薬剤師


【解説】
専門制度の設立に関しては賛否両論あり、過去に類を見ないほどのヒートアップの末にしぶしぶ認められたとされる。本来は貼付剤の体内動態、温感・冷感の使い分け、アスピリン喘息時の対応など、それなりに専門性を持つ分野が取り沙汰されていたようだが、設立3周年を過ぎたあたりから雲行きが怪しくなってきた。
これすなわち、マイナーな学問にありがちな、「ネタ切れマンネリ現象」である。

一方でシップ専門薬剤師は、ドリンク剤や輸液類など、重い医薬品を調剤室や倉庫に運びセッティングするという重質薬剤運搬作業も兼任している。当資格の取得条件が「男性薬剤師」であることのみという、極めて緩い設定となっていることも、こうした流れを後押ししているようだ。
こうしてシップ専門薬剤師は、専門知識を活かす資格から、筋肉を活かす資格へとその様相を変貌させていったのである。

なお、資格取得条件に「男性薬剤師」と明記されていることから、女性薬剤師やフェミニスト連中からの反対が予想されたが、幸いにしてクレーム等は一つもなく、万事円滑に働いているという。
.

【新解釈】
当初の予想をいい意味で裏切り、シップや輸液、栄養ドリンク運搬作業という思わぬ活躍を見せている当専門薬剤師であるが、これに気を良くし、資格取得条件を「男性薬剤師」から「男性」へと引き下げようとする動きが活発化している。
こうなるともはや専門薬剤師でもなんでもない。男性の調剤助手や事務員たちは戦々恐々と日々を過ごしているという。


人気ブログランキングへ

« 028 スキルアップ 【すきる-あっぷ】 | トップページ | 030 胃痛にバファリン (慣用句) »

専門/認定制度」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 029 シップ専門薬剤師:

« 028 スキルアップ 【すきる-あっぷ】 | トップページ | 030 胃痛にバファリン (慣用句) »