« 2016年2月 | トップページ | 2017年9月 »

2016年12月27日 (火)

031 毒殺 【どく-さつ】

毒物を用いて殺人を行なうこと。
サスペンスドラマやミステリー小説で多く用いられる殺害方法。


【使用例】
① これは自殺ではなく、――の可能性があります。
② 病院薬剤師のAなら、毒物を手に入れて被害者を――することだってできたはずだ。


【解説】
日本ミステリー協会において『毒殺のための毒物使用ガイドライン』が発行され、物議を呼んでいる。その中で紹介されている<理想的毒物の条件>には全7項目記載があるのだが、我々薬剤師に言わせると首を捻るものばかりである。以下、全文を記載する。


1.少量で致死性が高いこと。

持ち運びの観点からも、毒物はできるだけ少量で効果が出ることが望ましい。固形であればシュガーポットに一振りし、小さじ一杯の摂取で毒性が発揮されること、液体であればワイングラス1杯に対して1滴を注入し、一口の摂取で毒性が発揮されることが理想的である。


2.臭いや味がないこと。

毒物単体を摂取させることは非常に困難であり、通常は食べ物や飲み物に混入する。毒物自体に特異な臭いや味がある場合、混入に気付かれてしまう恐れもある。このため、できるだけ無味無臭のものを選ぶ。


3.拮抗薬が存在すること。

殺害のみを目的とした場合には毒物の拮抗薬の存在はマイナスになる可能性があるが、誤って別の人が毒物を摂取してしまった場合の救出方法は考慮すべきである。また、自らはあらかじめ拮抗薬を摂取しておき、ターゲットと同時に毒物を摂取するという荒業も行なうことができる。
殺害ではなく交渉を目的とした毒物使用の場合には、毒物を飲ませた後に拮抗薬をちらつかせて有利に事を運ぶこともできる。ただしこの場合、拮抗薬とは名ばかりの偽物であっても良い。


4.超短時間で効果が発現すること。

毒物を摂取した瞬間に口から血を出し悶絶死することが、ミステリー界の毒殺における醍醐味である。また、ラストシーンで犯行が露呈され、服薬自殺を遂行する場合にも、飲んでからすぐ効かないのでは興醒めだ。遅効性を期待するのは吸収や分布、代謝排泄の点から考えると個人差が激しく推奨されない。やむを得ず用いる場合は、溶出時間のはっきりしたカプセル等に毒物を入れ対応する。


5.体内から検出されないこと。

完全犯罪を目指すのであればこの条件は外せない。ただし、ベテラン刑事に疑われる要素を一つは残しておくこと。疑われる要素とは、例えば「若い健康的な男性が突然心不全で死亡した」などである。これがないとミステリーが成り立たないので注意すること。


6.複雑性を有すること。

複雑性とは、すなわち「あるものと一緒に飲むことで毒性を発揮する」「特定の状態下にある者だけに毒性を発揮する」などという設定のことである。同じ毒物を複数人が飲んだはずなのに死んだのは一人だけ、などというミステリー性を演出するための条件として重宝される。一方で、乱用すると「ご都合主義」などと批判が来るので注意すること。


7.背景に薬剤師をチラつかせること。

一般人は毒物への知識に疎く、また容易に手に入れることもできない。その点、協力者に薬剤師や薬学生を登場させれば信憑性はぐんと上がる。入手経路は病院や研究所、大学からということにすればいい。ただし、職業は冒頭で明らかにしてはならない。勘のいい視聴者は、薬剤師や薬学生が登場しただけで犯人と殺害方法を言い当てるという。



【新解釈】
こうした日本ミステリー協会の<理想的毒物の条件>に対し、大きく異を唱えているのが他ならぬ薬剤師である。
曰く、「ミステリー界は薬剤師に期待をかけ過ぎている」ということである。現実の薬剤師はご都合主義の毒物入手など容易ではないし、毒物の知識に長けているわけでもない。まして頻繁に犯罪者に手を貸しているわけでもない。
ミステリー界での活躍に嫌気が差した薬剤師は、近年ではサスペンスドラマではなく、医療ドラマでの活躍を切望しているが、実現までは至っていない。
.


人気ブログランキングへ

2016年12月25日 (日)

030 胃痛にバファリン (慣用句)

悪いことにさらに追い打ちをかけて悪いことが重なる意。踏んだり蹴ったり。

【解釈】
同義として「泣きっ面に蜂」がある。

NSAIDsは鎮痛剤として広く使用されているが、PG阻害による胃症状の副作用が知られている。痛み止めだから、胃の痛みにもきっと効果があるだろうとバファリンを服用し、余計に胃痛をこじらせてしまったという悲劇から派生した慣用句である。
.


人気ブログランキングへ

2016年12月16日 (金)

029 シップ専門薬剤師

パップ剤やテープ剤に特化した知識を持つ薬剤師のこと。
広義では、重い荷物を調剤室に運ぶ薬剤師を指すこともある。


【資格取得条件】
① 男性薬剤師


【解説】
専門制度の設立に関しては賛否両論あり、過去に類を見ないほどのヒートアップの末にしぶしぶ認められたとされる。本来は貼付剤の体内動態、温感・冷感の使い分け、アスピリン喘息時の対応など、それなりに専門性を持つ分野が取り沙汰されていたようだが、設立3周年を過ぎたあたりから雲行きが怪しくなってきた。
これすなわち、マイナーな学問にありがちな、「ネタ切れマンネリ現象」である。

一方でシップ専門薬剤師は、ドリンク剤や輸液類など、重い医薬品を調剤室や倉庫に運びセッティングするという重質薬剤運搬作業も兼任している。当資格の取得条件が「男性薬剤師」であることのみという、極めて緩い設定となっていることも、こうした流れを後押ししているようだ。
こうしてシップ専門薬剤師は、専門知識を活かす資格から、筋肉を活かす資格へとその様相を変貌させていったのである。

なお、資格取得条件に「男性薬剤師」と明記されていることから、女性薬剤師やフェミニスト連中からの反対が予想されたが、幸いにしてクレーム等は一つもなく、万事円滑に働いているという。
.

【新解釈】
当初の予想をいい意味で裏切り、シップや輸液、栄養ドリンク運搬作業という思わぬ活躍を見せている当専門薬剤師であるが、これに気を良くし、資格取得条件を「男性薬剤師」から「男性」へと引き下げようとする動きが活発化している。
こうなるともはや専門薬剤師でもなんでもない。男性の調剤助手や事務員たちは戦々恐々と日々を過ごしているという。


人気ブログランキングへ

2016年12月 7日 (水)

028 スキルアップ 【すきる-あっぷ】

技術や知識の向上。
多くの場合、転職するための理由あるいは口実にされている。


【使用例】
① 転職の理由は、貴院に勤めて――するためです。
② 小児科の調剤が中心で、とても――できる職場です。


【解説】
薬剤師は真面目で勉強熱心な人が多く、参考書を購入し自己学習したり、地域の勉強会に参加したり、日々自己研磨に勤しんでいる。あるいは施設内での勉強会や症例発表の場を設けたり、認定資格の取得を目指したりと、その専門性を磨く努力を怠らない。
こうして誰しもが多かれ少なかれ「スキルアップ」しているわけだが、それが己の努力ではどうにもならなくなった場合に、転職という選択肢が出現する。
具体的には、調剤薬局薬剤師が「急性期医療を勉強したい!」とか、総合病院薬剤師が「循環器に特化した病院で専門性を磨きたい!」といったケースである。


【新解釈】
このように、「スキルアップ」という言葉は至極前向きである一方、なんでもこう言っておけば薬剤師が喰い付くだろう、という悪しき風潮も見られる。薬剤師募集をかけている施設におけて、軽々しく「スキルアップ」などと書かれていたら要注意だ。

「小児科の調剤が中心! スキルアップできます」 
 (真意)→粉中心なので調剤がとても煩雑です
「総合病院なのであらゆる分野でスキルアップ!」
 (真意)→特に力を入れてる科はありません

スキルアップとは本来、施設側が押し売りするものではない。このような文言に振り回されないよう、自分のビジョンをしっかり持つようにしたいものだ。

.


人気ブログランキングへ

2016年12月 5日 (月)

027 脱カプ 【だつ-かぷ】

脱カプセルの略。
カプセルの中身を取り出す、あるいはそれを均等に均し一包化すること。


【使用例】
① リファジンを――した後は、分包機を念入りに掃除しなければならない。
② ――して調剤するとなると、あと30分以上はかかる。


【解説】
患者の嚥下能力を考慮して、まれにではあるがカプセルの中身を取り出して散剤として調剤するケースがある。「脱カプセル」というもので、一般に「脱カプ」と呼ばれる。
近年では簡易懸濁法の普及により、粉砕のみならず脱カプの頻度も激減している。若手薬剤師がその業務の面倒さ、煩雑さを経験していないとは奥歯を噛み締める思いである。


【新解釈】
躁状態の薬剤師を黙らせるために、一時的治療として2~3時間「脱カプ」をやらせる、という方法が2000年代には頻繁に行なわれていた。しかし治療後、多くのもので目が虚ろになったり、退職願望が無尽蔵に増大することから、現在はほとんど行なわれていない。


人気ブログランキングへ

« 2016年2月 | トップページ | 2017年9月 »