« 025 風邪にフロモックス (慣用句) | トップページ | 027 脱カプ 【だつ-かぷ】 »

2016年2月13日 (土)

026 金ハル/銀ハル 【きん-はる/ぎん-はる】

金ハル=ハルシオン錠0.125mg、 銀ハル=ハルシオン錠0.25mgのこと。


【使用例】
① Aさん、金ハルじゃなくて銀ハルの方だよ。規格に注意して。
② 就職して1週間で、Aさんは銀ハル導入となった。


【解説】
金色のパッケージにちなんで、ハルシオンの0.125㎎を「金ハル」、同じく銀色のパッケージである0.25㎎は「銀ハル」と呼ばれる。
なぜ規格の小さいものが「金」で大きいものを「銀」に設定したのか、その理由は定かではないが、どのみち医療者の間ではあまり普及していない。
睡眠薬を使い慣れた一部の患者間で、ある意味<隠語>として使用されるケースがある。

ちなみに「ハルシオン」の名前の由来は、
<風と波を静め、穏やかな海にする不思議な力を持つ古代ギリシャの伝説の鳥、Halcyon に由来して>(インタビューフォームより)
ということらしい。捻りもなく、伝説の鳥の名前をそのまま戴いているとは何とも怖れ多い。


【新解釈】
パッケージの色を盛り込むのは、誤薬防止の観点からも新しい試みである。「ハルシオン0.125mg」と「ハルシオン0.25mg」だとどうしても間違いやすいため、規格間違いのリスクは高い。このため、正式名称を「金ハルシオン0.125mg」「銀ハルシオン0.25mg」と改名することをお奨めしたい。


人気ブログランキングへ

« 025 風邪にフロモックス (慣用句) | トップページ | 027 脱カプ 【だつ-かぷ】 »

医薬品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 026 金ハル/銀ハル 【きん-はる/ぎん-はる】:

« 025 風邪にフロモックス (慣用句) | トップページ | 027 脱カプ 【だつ-かぷ】 »